ブライダルの仕事内容 ナビゲーション

ブライダルの仕事 実体験する

参列者へのワインを注ぐ

女性の中には、華やかに見えるブライダルの仕事に興味を持っているという人も多いのではないでしょうか。しかし、表では華やかでありながらも、裏では滞りなく結婚式を進めるために忙しく厳しい世界でもあります。入社してからこんなはずではなかったと後悔しないように、事前に実体験をして理解しておけば安心です。

ブライダル関係の仕事は、正社員としてだけでなくアルバイトやパート、派遣でも行うことができます。とくに、披露宴解除のホールスタッフとしての派遣は大人数で募集されていることが多く、土日祝日が中心となることから短期でも応募をすることができます。片手でトレイを持ってその上にお酒を乗せて運ぶことができるかどうか、片手でお皿の三枚持ちができるかどうかなどの技術や、接客マナーができるかという最低条件は必要になりますが、手軽にブライダルの世界を見ることができるチャンスでもあります。接客以外にもキッチンスタッフや洗い場などもあるので、一度は体験してみるといいでしょう。

ブライダル関係の仕事 口コミでの評判

結婚式という素晴らしいイベントを、裏から支えるブライダル関係のお仕事には、華やかなイメージを持つ方が多いでしょう。実際にブライダル関連の仕事をしている人は、その仕事内容や忙しさ、やりがいなどをどう評価しているでしょうか。

ウェディングプランナーやブライダルスタッフとして働いている人の口コミを参照すると、忙しいがやりがいがある、と感じている方が多いようです。新郎新婦から感謝をされることで、この仕事を選んでよかった、と感じたり、モチベーションがアップする、などの声がありました。また、心をこめてサポートした新郎新婦の晴れ姿を見る度に、感動を覚えるという人もいます。給与や安定性などについての評価は、人によって異なっていますが、やりがいの大きさについては、多くの人が高く評価しています。また、同僚との関係にも満足している人が多く、業務を通して連帯感が得られる、仲間意識が感じられるといった口コミが目立ちました。